大きくする 標準 小さくする

大猩々の嘆息 2008/4

<<前へ
rss

たどり着くところは、、、

 written by Charlie the boss 0041 投稿日時:2008/04/29(火) 16:54

4月27日、県大会準々決勝。
19-16。薄氷の勝利だった。

試合内容に関する様々な憶測、スコアの数字のみからの判断、、、
いろいろあったし、まだまだいろいろあるが、やっとここまでたどり着いた。
今春のKINGKONGSは、まだ生き残っている。
次週、決戦。KINGKONGSにとって特別なゲームだ。
単に「関東大会出場権」を賭けたゲームではない。
思い起こせ!そして実行せよ!何がKINGKONGSに求められるのだ?

楽しみなのはスタッフも同じ。
期待しましょう、、、彼らの「真の姿」に、、、

先日、スカパーで「天使にラブソングを、、、」・「天使にラブソングを、、、2」
続けて観ました。
ウーピーはホントにはまり役!そして脇を固めるシスターも最高だ!
あらためて笑ったし、感動しました!
「2」には今をときめくローリーンヒルや亡くなったジェームスコバーンが出演してたんだな、、、

ゴスペルって、いいですね。
ジュンコさんの「ゴスペルチック」バンド、思い出しました。

休日にポリープ

 written by Charlie the boss 0041 投稿日時:2008/04/23(水) 21:09

今日は創立記念日でお休みです。KINGKONGSもつかの間のオフで、気力・体力ともに充電していると思います、、、

3月の合宿前に行った人間ドックの結果が思わしくなく、今日午前中に再検査でした(泣)

肛門からバリウムを注入しての大腸検査。
辛い、、、
何が辛いって、昨日一日腹減ってしょうがなかった!

結果、大腸に一個ポリープが見つかりました。
今度は内規鏡手術。
これって二度手間なのでは?

昨日食えなかった分、狂ったように昼飯を食い、午後は良いお天気の中、称明寺・金沢文庫に行って来ました。
マンダラの特別展示、見応えありました。弘明寺の秘仏・十一面観音の展示もあり、普段観られない仏像に感動!(弘明寺は実家そばなのに、御開帳の時すらろくに観たことないんですね)

ま、とりあえず、いい一日、、、でした。

消化不良?

 written by Charlie the boss 0041 投稿日時:2008/04/20(日) 21:57

あいかわらずKINGKONGSは、消化の悪い試合をしています。

反則の多発(しかも中心選手に?!)、ボール所有権の喪失(ファンブル、インタセプト)などに加え、
守備陣の切れのないタックル、レシーバー陣の落球・ブロックミス、、、

ま、以前からコーチングスタッフにさんざん言われていたことばかり。
それがあらためて露呈したわけです。
チーム状況を選手がどれだけ意識できているのか、、、

しかし、まぁ、、、勝つことができました。
今日の収穫はそれだけ。
あと強いて挙げれば、ルーキーの活躍。(これって上級生はなにやってんの?ってことでもあるよな)

次週は、準々決勝となる。
今のままじゃ、、、目標はなんだったのか?本当にそれを目指してやってきたのか?
という悔いだけが残ることになる。
さぁ、やれるか?猩々の末裔たちよ!

ところで、東京のA学園。優勝候補の一角・KS学園に堂々の闘いを挑み、
敗れはしたものの、すばらしいゲームをしてくれたようだ。
(前週にはKINGKONGSとのオープン戦中止になったNS高校を見事撃破している)
健闘を讃えたい!

SIC地区では、E学園T高校がU学院を破っている。これも素晴らしい!
軍曹率いるKI学園はKH高校に惜敗、、、う~ん、、、

各地区ともベスト8・ベスト4が出揃い、大会も佳境をむかえる。
怪我は怖い。でも思い切り、全てを出し切る闘いをしましょう!!

求む!有望新人!!

 written by Charlie the boss 0041 投稿日時:2008/04/15(火) 19:48

大会が始まり、どのチームも「戦闘モード」に入る時期であるとともに、
新たな仲間を増やさなくてはならないときでもある。

この時期、どの学校も多少なりとも苦労するんです。
でも頑張って新人獲得!

人がいなければ、はじまりませんから、、、


今日の全体練習、終わりました。

見学者、わずか数名、、、
他校が気になるスタッフでした。

開幕

 written by Charlie the boss 0041 投稿日時:2008/04/13(日) 16:27

春の暖かさから一転、肌寒い(いやむしろ震える?)雨の中、春の大会が開幕。

ボスは、審判がアサインされていたので松陽高校に行ってました。

第1試合、横須賀学院対県立横浜立野。
グランドコンディションは最悪(審判にとっても)、時折降る雨、上がらない気温。
厳しい状況の中、両チーム一進一退の好ゲームとなりました。
結果は6-6のドロー、大会規定によりコイントスを行い横浜立野が2回戦進出を決めました。

今季2年生中心ながら、安定した選手層を誇る古豪・横須賀学院。
対する新鋭・横浜立野は、選手こそ少ないが、ようやくチームも整い上昇傾向。
フィールドで審判しながら感じたことは、どちらも一生懸命フットボールしているということ。
あたりまえのようだが、とても大事なことです。
両チームの健闘を讃えたい。

第2試合、県立同士の対戦。
県立岸根対松陽の、これまた新旧対決。(いや、すでに岸根は新興じゃないか、、、)
岸根が先制し松陽が追いつき、同点のままむかえた最終Q残りあと2分になろうというところ。
松陽が執念のTDを決め、最後の岸根攻撃をインターセプトにしとめ、試合終了。
逆転で松陽がゲームをものにした。

2試合ともコンディション悪く、選手も審判も観客も大変でした。

一方の横浜南陵では、逆山の2試合が行われた。
古豪同士の対戦・日大対鎌倉学園は、完封で鎌倉学園が勝利。
第2試合の県立鎌倉対横浜南陵、、、
後半に入って6-6の同点で最終Q、、、というところまで聞いたが、、、
さて、どうなったでしょうか?あとで関東連盟HPで確認してみます。

いよいよ次週、2回戦からKINGKONGSの登場となる。
古豪・横浜創学館、決して侮れない。
選手もスタッフも心して準備してもらいたいものだ。

本日の審判のみなさん、ご苦労様でした。風邪、引かないように気を付けましょう、、、
«前へ